忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
生まれながらのバットマン風雲録
先日の大会が実質的なクライマックスだったわけですが、試合はまだ続いていて、今回は6年生の送別大会。それが終わったら県下の各リーグのチャンピオンが集って競うトーナメント大会があり、それで次男たちの代は終了です。



この日の次男は肘の具合いを考慮されてかDHでの出場。

久しぶりにホームランが出ました。

故障の具合はぼちぼちといったところ。
9月ごろは投球禁止を言い渡されてましたけれども、ここに来て状態は良くなっているっぽくて、

「そろそろ投げていいよ。」

って言われたらしい。
バリバリ投げてましたけど(笑)

でも、痛みはないようですが治っているわけではないので、ここからが大事。
休めば治るんですから。

拍手[1回]

PR
次男らのチームにとって、最終目標と思われる大会の2日目・3日目でした。



見事に銀メダルを獲得しました。

2日目はこれといった活躍はありませんでしたが、準決では貴重な追加点となる2点タイムリー・決勝では起死回生の同点タイムリーを放つなど、親としてとてもうれしい活躍をしてくれました。

優勝できなくて残念、みたいな雰囲気でしたが、過去2年は銅メダルだったわけですから、記録更新。立派なもんです。


2日目はそんなことなかったですが、準決勝からは流石に緊張してたみたい。
パッと見ですぐにわかりましたもの。

帰宅後に緊張してたな、って向けましたら、

「さすがにね」

って笑ってました。
でも、その緊張の中でああいった結果を残せるということは、それはそれは大したもんです。

ただ、球が玉に当たったあれ、最後までメチャクチャ痛かったそうです。

それがよかったのかもな(笑)



拍手[1回]

22日は祭日ということで、練習試合でした。
即位の礼ということで、本来ならばテレビの前で正座してなきゃいけないと思うんですがね。




とりあえず、最後の大会に向けて、バッティングは準備万端といったところです。

ただ、故障箇所は芳しくなく、あちこち痛みがある模様ですが・・・。

野球のことはよくわかりませんが、少年野球って、こんなもんなんでしょうかねぇ・・・。


拍手[0回]

最後の大会初日の帰宅後、開口一番


「釣り行こう!」


いつもは自宅後ろの池でちょろっとやるんですが、この日は割合早めに帰りつくことができたので、私の子供時代から釣り人が多いところに行って来ました。




アジングのリグで釣ったのは大きなブルーギル。
一応、このリグでもバスは釣れるんですが、ブルーギルの方が反応してきます。

外道を釣っても大喜びの次男。

まぁ確かに釣れりゃぁ何でも嬉しいですよね。


てか、大事な大会の期間中なのに、バットを振るわけでもなく、ましてやビデオを確認するわけでもなく、こんな感じでいいんやろか?

拍手[1回]

獲りたい大会を狙って獲りにゆくのは、容易なことではありません。

長男のとき、当時の監督とは幼馴染だったことから指導のお手伝いをさせてもらっていたのですが、沢山の話し合いをしながら、3年かけて計画的にチームを作り、最後に大輪の花を咲かせました。

3年かけて、試合で得た課題を一個一個潰して行って、最後の大会の2ヶ月前には、小学生レベルではもうやることがないところまで磨けていた。
小学生でもここまで出来るんだと驚いたものです。


翻って次男のチーム。

私にはチームの状況はわかりませんけれども、7月の大会で優勝もしてますし、いい線には行ってるんじゃないかと思ってます。

そしてやってきたチームが目標としている大会。

次男は4年の頃から出してもらってるので、これが3回目。

4年のときは、セカンドでずっと出してもらい臆することなくプレーできていました。残念ながら準決勝で負けてる場面の一打逆転の最終回、2死満塁で最後の打者になりましたけれども。

5年のときは、サードで好守を連発し、3回戦で超球の速い好投手から引っ張ってホームランを放ち、準決勝で負けちゃいましたが、その試合の最後に好投手から引っ張って2ベースを放ち意地を見せました。

成長を見せてくれたこの2年でした。
集大成となる今年、どんなプレーを見せてくれるのでしょうか。



まずまずといったところでしょうか。

結構緊張してる子が多かったようですが、次男は平常運転でした。

緊張してなかったなて言うと次男。


「俺、慣れとうけん」


エラそうに!

拍手[1回]

練習試合でした。



2試合目の投手は、球が速い上にインステップしてボールの出所も見づらいので、右打者には結構打ちづらい打者だと思うんですけれども、いとも簡単に打ち返していました。

しかもインハイのクソボールを、ああやって思いっきり引っ張っられてしまうと、投手としては自信なくしちゃいます。

私なら、あの高さは振らないですけれども、振ったとしても空振りするし、打てるとしたらアウトハイをおっつけて右ってのが精々かなと・・・。

拍手[1回]

練習試合でした。



調子はまずまずといったところでしょうか。

ここんところ体がずいぶん大きくなってきて、身長は姉ちゃんたちを超えました。
チームでは普通くらいなので実感はないのですが、身体の充実により、打球が春先に比べると見違えるほど速くなって来ました。

ほぼ見てないのでアレなんですが、自宅練習では兄ちゃんが中学時代に使ってた82センチのバットを振りまわしてるみたいですから、さもありなん。

小学生が重いバットを振るのは、私自身はあまり推奨しないんですけれども、次男の場合は幼児の頃から兄ちゃんのバットを振りまわして大きくなってきたので、逆にそっちの方がいいのかなと思ったり。

拍手[1回]

調子は上向き。



打球が強くなってきたと思います。

拍手[1回]

こないだ、プロ野球ニュースを見ててふと思いついて作ってみました。



にいちゃんは一年で7,8本だったと思います。

拍手[1回]

久しぶりにリーグ戦でした。



やっと調子が戻ってきたのかな、といったところです。
この時期に調子が落ち込むのはわかってたことなので、ここからどう上げてゆくかだと思います。




拍手[1回]

オスグッドであることは以前書いたとおりですが、ここにきて重症化してるようで、嫁によると就寝中に痛みでうなされることもあったとのこと。

走ることに影響が出てるようで、ここ最近は、あきらかに走るスピードが落ちています。
肘の状態もよくないみたい。

本人に指導者に申告するよう言ってるんですが、試合に出られなくなることと、そのほかにも懸念することがあるようで、よう言えないみたい。

だからといって、親の自分が言うのはちょっと違うと思ってて、口出しはしません。
これで次男が潰れるようであれば、それまでです。
自分の選手だったらアレですが、人の選手ですしねぇ・・・。

でもまぁ、今の状態で競技しつづけるのは、何らかの障害を持つことになる可能性も考えられますので、親としてできる手は打っておこうと思い、いろいろと・・・。




長男のときもそうだったのですが、今回もまた、マジかぁという結果になりました。

すげえです。

拍手[1回]

練習試合の予定でしたが、雨のため中止。

しっかしなんですねぇ、ここ2週間以上、マトモに一日晴れたなんて日がありません。
日照不足で庭のトマトが一部腐りだし、きゅうりもダニっぽいのがつきだしてる・・・。

一日ゴロゴロもいいですが、次男はもう6年生。

中学生になったら家族であっちこっち行くのはイヤがるものなので・・・長男はなかったな、長女も次女もなかったな・・・最近の子は、そういうのないのかな・・・。

まぁ、そうなる可能性もあるし、この子は小さい頃からあまりあっちこっち連れていってやれなかったんで、なんかしておいてやりたいなって気持ちが、最近になったようやく私自身に出てきたんで、ちょっとどこかに行こうよってことで。

雨雲の動きを見ると、長崎・佐賀・福岡の九州北部は一日ダメっぽい。
熊本あたりは大丈夫そうだったんで、そっち方面に。




南方っていうほどのもんではないんですけどね。

雨が全く降っていなくって、わずか1時間程度南に下っただけなのにこうも違うものかと驚いた次第です。

次男にとって、これがいい気分転換になればいいですけどね。

拍手[1回]

オープン戦でした。



結果は全然ダメでした。
6タコ・・・。

ただまぁ、調子が悪いとか、そういう種類のタコではないかなと思ってます。

考え方ひとつの問題ではあったのですが、その考えて工夫することを憚られるところがあるので、まぁ、しゃぁないかなといったところです。

次男のいいところは、創造性の部分なんですけどね・・・。

拍手[1回]

大会でした。



全くバッティングをさせてもらえませんでした。

私的には、1打席目のエンドランが出た時点で、今日はダメっぽいと思いました。
あんなフルスイングしてっけど、エンドランはしっかりショートスイングでしょうよ。
いったい、なに考えてんだろう???

傍から見てると、結構ズドーンとくるボールっぽかったんですが、次男が言うには打席に立って見るとボールが全く来ず、タイミングが全く合わなかったみたい。

大会ということで打ち気に逸ってる感じもあって、打てないボールに手を出してましたしね。

そういうときの対処法は教えていますし、バッティングセンターでもやってるんですが、練習のための練習になってるんじゃなかろうか?


でもまぁ、そういう日もあるさ。


これが糧になればいいですけど。


守備については、ぼちぼちといったところでした。

結果的に手痛い悪送球をやってしまいましたが、私は問題なしとみてます。
えらい怒られてたですが、ああいう状況になったら、そりゃあんな感じになりますよ。
小学生なんだし、だいいち、そんな難しい状況の練習なんてやってないんだから。

問題なのは、送球じゃなくって、あそこに至るプロセスだと思うんですけどね。

以前から気になることが多々あったのですが、ずーっと変わらずにここまできてます。
自分で気づいて修正しなきゃ。
試合に出続けてもう3年目になるわけですから、そこいらへんは気づかなきゃでしょ。

次男には常日頃から、ショートは考えて行動しなきゃ、ちょっとしたことに気付ける感性が必要だって言ってるんですが、全然足りませんねぇ。


打った・投げた・捕った・走った・盗塁・バント・エンドラン

だけが野球じゃない。
そこに気づかないと・・・。


考える野球をしなきゃですよ。

拍手[1回]

夏休みももうすぐ終わり。
小学生最後でもありますし、何か思い出に残るようなことをしてあげられたら・・・って、夏休み前は思ってたんですが、結局野球しかせずにここまで来ちゃいました。

私もなかなか休みが取れない状況だったのですが、たまたま次男の野球がない日に休みがとれたんで、本人の希望により釣りに行ってきました。

長男と三人でゴルフってのも面白いなぁと思っていたのですが、本人はあまり気が進まなかったっぽい。

いつもは近場の漁港でやってるんですが、魚より釣り客が多いようなところばかりなので、選外。
以前行ったことのある釣堀的なところや、海釣り公園を推したんですが、本人いわく、

「天然モノをつりたい」

ってことで却下。めんどくせえ奴だ・・・・。

いろいろ考えた結果、釣果が上がりやすい西の方に行くことに。
妻に「晩御飯獲ってくるから待ってろ!」と勇ましい言葉を残し。



釣具屋の店員さんから聞いた漁港は、全く釣れず。
釣り客はちらほらいたんですが、誰一人連れてませんでしたので、長男と大昔行って結構連れたところに移動。

しかし、ここもなかなか釣れず・・・まぁ、雑魚中の雑魚は釣れるんですが、晩御飯になるようなのは全く釣れず・・・お昼間は魚もいないのはわかってはいたんですがねー。

待つこと数時間、次男ともぐもぐタイムしていた午後5時ごろに突然爆釣タイムが訪れ、アジ・サバ・鯛が入れ食い状態。

エサ釣りは相変わらず雑魚祭りなのですが、遠投したサビキは投げれば即ウキが下がる状態であっという間にオキアミ終了。
それまでだいぶん無駄遣いしてたのが悔やまれます。

しかしながら、居酒屋で刺身で出てくるくらいの良型のアジ10匹くらいを含む、全部で30匹程度釣れて次男大満足。

その後温泉に入り、牛丼食って帰りました。

釣った魚を晩御飯にする予定だったことを、すっかり忘れてしまってた親子でした。





拍手[1回]

1 2 3 4 5 6
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
アーカイブ
プロフィール
HN:
睨雲
性別:
男性
職業:
次男
趣味:
野球
自己紹介:
けんと
4人兄弟の末っ子で甘えん坊の暴れん坊
兄の影響で野球大好きになり、朝から晩まで野球の幼児期を過ごす。
小学校入学後は漫画「ハイキュー」や「黒子のバスケ」に影響され野球への関心が薄れるも、同級生に勧誘され小3の2016年5月、ついに野球の道へ足を踏み入れる。
始めて1年足らずで4年生ながらセカンドでレギュラー格に抜擢され、一年間戦い抜き貴重な経験を積む。
5年生ではショート・サードに主戦場を変え、2月に骨折し出遅れるも戦線復帰してからは下級生ながら主力としてチームを支え、チームにとって最も大事な大会では剛速球投手から引っ張ってランニングホームランを放つなど、着実に成長を遂げる。
最上級生となった今年は、またも故障で出遅れるが、復帰初戦をサヨナラタイムリーで飾り、以降、攻守にわたり安定した活躍見せる。
6月以降は、2試合連続満塁弾を放つなど、打撃絶好調。月間打率で初めて兄を超えた。

右投右打 B型
ブログ内検索
最古記事
カウンター
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
忍者ブログ [PR]
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村