忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
生まれながらのバットマン風雲録
やっと今日から学校です。




今までの昼夜逆転生活から全うな生活に戻るには、相当な労力が必要でしょうねぇ。

これで不登校になる子もいるんじゃなかろうか・・・。

拍手[0回]

PR
彼の趣味の一つは釣り。

少年野球が終わって以降は、週1くらいのペースでいろんなところに釣りに出かけています。

2月くらいまでは釣れる魚種が限られていましたけれども、暖かくなってきてからは多種多様な釣りを楽しむことができます。

これまで、海水ではサビキ・フカセ・ショアジキ・エギング・泳がせ、淡水ではバス・へらなど、ありとあらゆる釣りをやってきました。

サビキとかの簡単なやつは当たり前に釣れるんですが、テクニックが必要なやつはなかなか難しく、釣果は捗々しくないのが現状です。

ただ、彼のある意味特殊能力ともいえる「見る」能力で、他のアングラーの釣法を取り入れて、スキルはかなり上達しています。

今の彼に必要なのは、「我慢」。
1回の釣行で、飽きちゃってあれやりこれやりしてしまうのが釣果に影響している感があります。
釣りには我慢が必要ですが、言うてもこないだまで小学生だったコドモですからねぇ・・・。

今回は、再開された野球のチーム練習が午前中で終わったことから、午後から近くの漁港で釣りをすることに。



サビキからエギングに移った次男でしたが、ピクリともしないことでジギングに変えようとしてましたから、

「あれやりこれやりしてるうちは、釣れるものも釣れんばい。周りみてみい、誰もジギングしてないやろ。シーバスとかは釣れんけんよ。」

非常事態宣言明けだからかはたまた常日頃からなのか、わかりませんが、漁港には沢山の釣り客。
釣り客は、サビキ釣りかエギングの2タイプのみ。

アジは爆釣とまでは行きませんが、小さめのやつがコンスタントに釣れます。
エギングは、防波堤にあるかなりの墨跡数の多さ。
前日まで雨だったのに、相当新鮮な墨跡が数多くあったんで、今日はイカ狙いで行くべき。

私はアジを上げてすぐにそれを餌にして泳がせでヒラメ釣りをしたんですが、誰一人いないところを見ると、釣れないんだろうな・・・(結果は案の定でした)。

そんなこんなでエギング続行した次男でしたが、2時間程度粘ったんですが全然ダメで、私のほうもサッパリ(生餌のアジばかりが増えてゆく)だったので、夕食時も近くなってきたし、そろそろ帰ろうかと片付けだしたときに次男にヒット。

喋りながら釣ってて、「あ、ひっかかった」って言って引っ張ったらイカだったという、まあまあ苦笑いのファーストコンタクトでした。


「イカ」「シーバス」「ブラックバス」「ヘラブナ」

釣りたい四大目標があるのですが、一つクリアできました。


帰宅後、自分で釣ったイカを自分で捌いてみんなに振舞った次男の顔は、とてもうれしそうでした。




拍手[1回]

非常事態宣言が発令されて1ヶ月弱。
その前の分を含めると、2ヶ月もの長きにわたり在宅を余儀なくされています。

いろんな意見がありましょう。
でも、文句を言ったところで何も始まらない。

今できることを、ただやるのみです。

ギプスが外れた次男は今、野球においてはこんなことをやってます。



投げ方を根本的に間違ってるんで、矯正中です。

過去何度か試みたことがあるのですが、効果はゼロでした。

フォームを直すことって、通常はほぼムリなんです。
チームの練習で投げるから、クセが抜けないんです。

暫く放らせないで、それだけやらせれば直るんですが、どだい無理な話でね・・・。


ちゃんとした投げ方を覚えておかないと、出力が高ければ高いほど故障のリスクが増えます。
次男は出力が高い方ですからね・・・実際、去年肩肘を壊してますし・・・。


中学に上がって、野球の面だけで言うと、これは本当に運が良かったと思うんですが、コロナでチームが活動ができなくなってしまった。
しかも、これは不幸中の幸いなんですが、左腕を骨折して安静にしていないといけなくなってしまった。

お陰で1ヶ月程度、体をリセットすることができました。


ギプスが外れたんで、そろそろやろうかということで、投げ方の練習をしている次第です。


3月にジムでやった体をほぐす作業の効果が出たのか、だいぶんいい感じで腕を使えるようになっていると思います。



次男がやっている練習は、野球を始めて日が浅ければ浅いほど効果的です。
ちゃんと指導できれば、上のカテゴリーに上がったときに投げ方を手直しされることは、ほぼないはずです。



拍手[1回]

コロナ禍で日がな一日家でゴロゴロしている小6の次男と高1の次女。

勉強しろって言ってもするわけもないし。


ゲームして・YouTube見て・マンガ見て、そして一日が終わる。


・。

・・・。

・・・・・・・。



なんと羨ましい!


ですけれども、どれも成長期の彼のためになるものは何一つないんですよね。
YouTubeは見る動画によってはなるといえばなるのですが、はじめとか見てる間はクソバカにしからん。


スマホばっかいじくってる娘には毎日言ってます。


「君はスマホに人生を奪われてるよ。それに気づかないうちは一生搾取の螺旋から逃れられないよ。」


親としてこういった言い方をしていいのかわかりませんが、搾取されるな、搾取する側になれ!っていつも言ってるんですが、なかなかね・・・。


まぁ、子供にはわからんでしょうけどね。

ていうか、子供のうちにそれを理解できる子が搾取する側になるんだろうな。


拍手[1回]

沖縄に釣りに行ってきました。

これは、一年頑張ったご褒美です。



本人はもっと釣りがしたかったみたいですが、港の風景なんて福岡とほぼ一緒。
あれならわざわざ沖縄まで行く必要なかったっすよ(汗)

しっかし、行く季節が悪かったとはいえ、次男が釣するとき、暴風多すぎ。






拍手[0回]

先月の話ですが、学校が休みってことで釣りに行って来ました。



人生、なかなか思うようには行かんもんです・・・。


拍手[1回]

最後の大会初日の帰宅後、開口一番


「釣り行こう!」


いつもは自宅後ろの池でちょろっとやるんですが、この日は割合早めに帰りつくことができたので、私の子供時代から釣り人が多いところに行って来ました。




アジングのリグで釣ったのは大きなブルーギル。
一応、このリグでもバスは釣れるんですが、ブルーギルの方が反応してきます。

外道を釣っても大喜びの次男。

まぁ確かに釣れりゃぁ何でも嬉しいですよね。


てか、大事な大会の期間中なのに、バットを振るわけでもなく、ましてやビデオを確認するわけでもなく、こんな感じでいいんやろか?



拍手[1回]

練習試合の予定でしたが、雨のため中止。

しっかしなんですねぇ、ここ2週間以上、マトモに一日晴れたなんて日がありません。
日照不足で庭のトマトが一部腐りだし、きゅうりもダニっぽいのがつきだしてる・・・。

一日ゴロゴロもいいですが、次男はもう6年生。

中学生になったら家族であっちこっち行くのはイヤがるものなので・・・長男はなかったな、長女も次女もなかったな・・・最近の子は、そういうのないのかな・・・。

まぁ、そうなる可能性もあるし、この子は小さい頃からあまりあっちこっち連れていってやれなかったんで、なんかしておいてやりたいなって気持ちが、最近になったようやく私自身に出てきたんで、ちょっとどこかに行こうよってことで。

雨雲の動きを見ると、長崎・佐賀・福岡の九州北部は一日ダメっぽい。
熊本あたりは大丈夫そうだったんで、そっち方面に。




南方っていうほどのもんではないんですけどね。

雨が全く降っていなくって、わずか1時間程度南に下っただけなのにこうも違うものかと驚いた次第です。

次男にとって、これがいい気分転換になればいいですけどね。

拍手[1回]

夏休みももうすぐ終わり。
小学生最後でもありますし、何か思い出に残るようなことをしてあげられたら・・・って、夏休み前は思ってたんですが、結局野球しかせずにここまで来ちゃいました。

私もなかなか休みが取れない状況だったのですが、たまたま次男の野球がない日に休みがとれたんで、本人の希望により釣りに行ってきました。

長男と三人でゴルフってのも面白いなぁと思っていたのですが、本人はあまり気が進まなかったっぽい。

いつもは近場の漁港でやってるんですが、魚より釣り客が多いようなところばかりなので、選外。
以前行ったことのある釣堀的なところや、海釣り公園を推したんですが、本人いわく、

「天然モノをつりたい」

ってことで却下。めんどくせえ奴だ・・・・。

いろいろ考えた結果、釣果が上がりやすい西の方に行くことに。
妻に「晩御飯獲ってくるから待ってろ!」と勇ましい言葉を残し。



釣具屋の店員さんから聞いた漁港は、全く釣れず。
釣り客はちらほらいたんですが、誰一人連れてませんでしたので、長男と大昔行って結構連れたところに移動。

しかし、ここもなかなか釣れず・・・まぁ、雑魚中の雑魚は釣れるんですが、晩御飯になるようなのは全く釣れず・・・お昼間は魚もいないのはわかってはいたんですがねー。

待つこと数時間、次男ともぐもぐタイムしていた午後5時ごろに突然爆釣タイムが訪れ、アジ・サバ・鯛が入れ食い状態。

エサ釣りは相変わらず雑魚祭りなのですが、遠投したサビキは投げれば即ウキが下がる状態であっという間にオキアミ終了。
それまでだいぶん無駄遣いしてたのが悔やまれます。

しかしながら、居酒屋で刺身で出てくるくらいの良型のアジ10匹くらいを含む、全部で30匹程度釣れて次男大満足。

その後温泉に入り、牛丼食って帰りました。

釣った魚を晩御飯にする予定だったことを、すっかり忘れてしまってた親子でした。





拍手[1回]

一生のうち何度もないことですので、日付が変わる瞬間に起きていよう!ってまるで大晦日みたいに盛り上がっていた我が家ですが、全員撃沈(笑)

私も23時40分までは粘ってたんですがね・・・。



  昭和から平成になったときは、崩御されたということでとても厳かな一日だった印象がありますけれども、今回は普段と変わらない一日でしたねぇ。

拍手[0回]

 

早いもので、次男の少年野球もあと1年となりました。

しかめっ面して苦行みたくなるんじゃなく、楽しく過ごせる1年になればいいなぁと思ってます。

拍手[1回]

次男が所属する少年野球チームで去年までコーチをしてくれていた方が亡くなられました。
御年80だったと思います。

私らとは親子ほど年齢が違いましたが偉ぶったところが全くなく、子供たちに対しても分け隔てなく可愛がってくれ、皆に愛される方でした。

孫がうちの長男とチームメイトで、下級生のときからよく練習の手伝いに来てくれていました。
平日も来てくれて、指導者がいないときなどはお目付け役として練習を見てもらうなどしていましたので、勝手使いするのでなく、それなりの立場に就いてもらうのが妥当と考え、私がトップチームのコーチになったときに監督にスコアラーとしてベンチに入ってもらおうと進言したのが、このチームのコーチになるそもそもの始まりでした。

練習においては、ノックの球出しとか、ときにはバッピまでやってくれてました。
試合においては、スコアラーとしてベンチに入り、私はいつも彼の横に座って投手の球数や前の打席の結果などを聞きながら、監督に進言したり選手に指示を出していました。

熱血漢で、選手がヘマこいたときとか、私ら以上に怒るんですよ。
顔を真っ赤にして怒ってるのを「まあまあ、落ち着いて・・・」ってよく宥めたもんです(笑)

でも、練習では私が宥められる方で、私は試合では選手を叱ることはまずしないのですが、練習では長男をチームを引き締めるために敢えて鬼のように叱ってたんですが、「そんな叱らんでください」って何度言われたことか。

私的には、低迷してたチームを一緒に鍛え上げ常勝チームに育て上げた同志みたいな感覚があります。親子ほどの年齢差があるので、失礼かもしれませんけれども。

その後、私はチームを去り、一緒にやることもなくなってしまったのですが、その後コーチになられたらしく。


次男とは、それこそよちよち歩きの頃からの顔見知りで、長男にくっついてグラウンドに来る次男をよく遊んでくれたもんです。
小学生に上がってからは家が近所なんで、

「けんと、まだ入らんと?」

って、下校する次男によく声をかけてもらってました。

私は次男が野球チームに入りたいって言ってきたとしても、今のチームに入れるつもりはなく、別のところを考えていたのですが、何度も勧誘してくれましたんでやむを得ず入部を許可するに至りました。

入部してからも、よくかわいがってもらっていました。
次男がいまあるのは、偏に彼のおかげといっても過言ではありません。

私は殆どグラウンドに行くことはなく、練習も一度も見たことはないのですが、試合前に彼がノックしてる姿を見て驚愕。

誰よりも上手いノックしてる!

私がいたころは、バットに当てるのが精いっぱいな感じだったんですけれどもね。
相当努力されたのでしょう。凄くいい球打たれてました。

最近は、以前私がコーチしてた時のようにお話することはあまりなかったのですが、相変わらずお元気そうで内心喜んでいたところでした。

それがこのようなことになって、残念でしかありません。
でもしかし、今日の通夜においては沢山の人が弔問し、多くの涙を見ました。
次男も号泣してたそうです。

通夜でこんなに多くの涙を見ることは、少なくとも私の人生で一度もなかった。
惜しまれながら去ってゆく人って、どんだけいることでしょうか。
もったいない人を亡くしましたが、非常にうらやましい最期だと思います。

会者定離と言います。
私も母を亡くして別れというものを教えられたのですが、次男は彼にそれを教えてもらいました。
最後まで、本当にありがとうございました。

合掌



拍手[1回]

土曜日のノック、大した数はやってないんですが、翌日は下半身が張りまくりのバッキバキ。

そんな日に限ってゴルフというね・・・。

前半は体が動かず、ショットはばらけるわパットは全然入らないわで苦労しながらもなんとか5オーバーで乗り切って、後半頑張れば70台後半ってところだったんですが、途中でガス欠。
足に力が入らず打ち方が分からなくなってしまって、80台どころか90叩いちゃいました。まさにズタボロでした・・・。

日頃、週に2,3回は犬を連れて1時間半くらい散歩してますし、腹筋とかもしてるんですけれども、ノックをちょろっと、ほんとにちょろっとしたくらいでこんなに体が動かなくなるなんて、いったいなんなんでしょう。

やっぱ運動不足ってことなんでしょうかねぇ・・・。

拍手[1回]

今日は年に1度の少年相撲大会でした。

長男もそうでしたが、こういう地域の行事には必ず参加で、拒否権はありません。

野球をやってはいますが、野球はあくまで彼の人生のいち風景にすぎないので、相撲の練習があるときは野球を休んでそっちに必ず参加です。

また、次男の所属する野球チームは、町からいろんなサポートを受けておりますから、こういった行事に協力するのは当たり前のことです。


次男は、相撲は強くはありませんが弱くもありません。
体格は普通。
昨年はベスト8でしたっけね。

今年は、くじ引きの結果、2回戦からの登場。

相手を見ると・・・体格良すぎ。
でかくはないですが、坊主頭だし、ありゃぁ柔道やってんなきっと。

相手の子が出てきた瞬間、会場は「あ~」という雰囲気。

私も秒殺されるだろうと確信しました。

が・・・



奇跡の勝利。お~すげ~。

決して褒められた内容じゃないですが、勝負事はちゃぁいいんです。


そんで3回戦。これに勝てばベスト8ってところ。

出てきた相手は・・・。

まだ柔道かよ・・・。
去年はあの子に秒殺されたんだよなぁ。

で、やっぱり秒殺。

やっぱ全然ダメでしたー。
(あの子が優勝でした)


今年の相撲が終わりました。


来年に向けて毎日鉄砲でもさせっか!






拍手[1回]

誕生日に釣り竿をプレゼントして、ずっと釣りに行けてなかったんですけれども、運動会の代休に私も休みをとってやっと行ってきました。



夕方から地域の行事が入ってたんで、近場でちょろっとしかできませんでしたけれども、いろんな魚を釣ってご満悦な次男でした。

拍手[1回]

カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
アクセス解析
アーカイブ
プロフィール
HN:
けんと
性別:
男性
職業:
次男
趣味:
野球
自己紹介:
けんと
4人兄弟の末っ子で甘えん坊の暴れん坊
兄の影響で野球大好きになり、朝から晩まで野球の幼児期を過ごす。
小学校入学後は漫画「ハイキュー」や「黒子のバスケ」に影響され野球への関心が薄れるも、同級生に勧誘され小3の2016年5月、ついに野球の道へ足を踏み入れる。
始めて1年足らずで4年生ながらセカンドでレギュラー格に抜擢され、一年間戦い抜き貴重な経験を積む。
5年生だった2018年は、ショート・サードに主戦場を変え、2月に骨折し出遅れるも戦線復帰してからは下級生ながら主力としてチームを支え、チームにとって最も大事な大会では剛速球投手から引っ張ってランニングホームランを放つなど、着実に成長を遂げる。
6年生の2019年は、またも故障で出遅れるが、復帰初戦をサヨナラタイムリーで飾り、以降、謎の背番号3を背負い、3番ショートで攻守にわたり安定した活躍見せる。
6月以降は、2試合連続満塁弾を放つなど打撃絶好調で、月間打率で初めて兄を超えるなどし、年間打率.371、本塁打13本、打点78を記録した。
中学はチームメイトと袂を分かち、大きな目標に向かって独自路線を歩む。

右投右打 B型
ブログ内検索
最古記事
カウンター
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
忍者ブログ [PR]
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村